お茶の旅

ダージリン 紅茶の旅

  • ダージリン茶摘み風景

ダージリンという高級紅茶。

IMG_0985インドの紅茶生産において、たった1%くらいしか生産されていない紅茶。
こんなにも人々を魅了する本物のダージリン紅茶に会いに行ってみませんか。

トラベルサライでは、書籍だけではわからない本当のダージリンの旅へお手伝い致します。
是非、世界で最高の紅茶をご自身の五感で確かめて下さい。

お仲間とのグループ旅行など現地手配はお気軽にご相談ください。
※ダージリンの紅茶工場手配は、企業ひ事前に見学許可申請が必要です。
スリランカと較べ、特に個人での見学できる工場が限られます。

ご希望の日時、独自の内容、ご予算に合わせてお見積もり致します。

インドの紅茶産地と訪問時期の目安

 

インドの主な茶産地
IndiaTeamap
ダージリン 標高約500〜2,000m 生産量:約1万トン
・1st フラッシュ:3月中旬~4月下旬
・2nd フラッシュ:5月中旬~7月中旬
・レイニーシーズン:7月中旬~9月下旬
・オータムナル:10月~12月初旬

最寄り空港:バグドグラ空港 コルカタから入るのが一般的です
ダージリンの麓はドアーズやテライなどの産地が広がる
世界第三峰カンチェンジュンガが比較的見やすいのは、
1stフラッシュやオータムナルの時期。
アッサム

標高約50〜300m 生産量:約51万トン

・1st フラッシュ:3月初旬~4月下旬
・2nd フラッシュ:5月初旬~6月中旬
・レイニーシーズン:6月中旬~9月下旬
・オータムナル:10月~12月

最寄り空港:グワハティ、ジョルハット、ディブルガル
コルカタから入ります

ニルギリ

標高1,200〜1,800m(ムンナール最高所は2,500m)

生産量:約24万トン
クオリティーシーズン:1~2月(西側)、7~8月(東側)

最寄り空港:コインバトール シンガポールから就航便あり。
産地ムンナールは、コーチンが最寄りで便利。
南インドではスパイス生産も盛んです。

※クオリティーシーズンに合わせて旅行する場合、上の表を目安としてください。通年生産している工場もありますが、雨量の多少で生産がされない場合もあります。
※インドは多民族国家で、地方の独立志向が根強く、政治集会・独立運動の他、茶園労働者のストライキ等もが時々起こります。
※ダージリンへの道、茶園への道が狭く、4輪駆動車での移動が基本です。

紅茶工場の主要工程の見学(ダージリンの一般的な工場)

産地や工場、標高、オーナーや工場長の意向によって工程が異なります。萎凋、揉捻、発酵の時間の長短など、クオリティーシーズンのシーズン外の作り方など、数箇所の紅茶工場を訪れて、違いを比べて確認するのも楽しい作業です。特にダージリンの場合は、中国種の茶樹、滑らかな揉捻機など他の産地とはずいぶん違います。

ダージリン 紅茶関連他 見どころ

朝陽に輝くカンチェンジュンガ峰とダージリンの街

カンチェンジュンガ峰 タイガーヒル

紅茶の産地でもあり、英国人が避暑地として開発したダージリンの街は、雪山ヒマラヤ世界第三峰カンチェンジュンガ(標高:8586m)に見守られています。
日の出時刻合わせて、ダージリンの街を見下ろす展望所タイガーヒルより、朝陽に輝くヒマラヤを眺めます。
比較的ヒマラヤの山々を眺めることができる確率が高いのは、10~4月の乾季です。


トイトレイン機関車

世界遺産トイトレイン

陸路、標高1,000mクルシオン(カーシオン)からダージリンまで間、時々愛くるしくも力強く走るトイトレインを見かけることができます。車の方が断然速いですが、アジア最古の山岳鉄道として、世界遺産に登録されています。
ダージリンから短距離での観光乗車も可能です。晴れていれば、バタシアループでカンチェンジュンガとトイトレインの組み合わせで記念撮影もできます。


ウィンダメアホテル 紅茶ラウンジにてアフタヌーンティー

ダージリン宿泊ホテルとアフタヌーンティー

英国統治時代に茶業関係者の寄宿舎として建てられたウィンダメアホテルをはじめ、英国スタイルの雰囲気の良いホテルがあります。
各ホテルでは、フレッシュなダージリン紅茶でのアフタヌーンティーを楽しむことができます。
下記いずれものホテルもダージリンの街中心部まで徒歩圏内です。紅茶専門屋巡りには立地が良いです。

<ダージリンの街中のお薦めのホテル>

茶園バンガローでの滞在
IMG_0246

Goomtee Bungalow 玄関

当時、英国人の茶園主の住居だったバンガローは、現在、茶園マネージャーの住居になっているところがほとんどですが、観光客向けにホテルに改築し開放しているバンガローが数軒あります。バンガローは、4~5部屋程の規模で、ベッドもダブルベッドがほとんどな為、少人数での旅行に向いています。茶畑に囲まれたバンガローでお仲間やご家族とゆったり、静かな時間を過ごすのはいかがでしょうか。

<ダージリン地方で宿泊できるバンガロー>


ダージリン オークション会場

コルカタ ティーオークション会場

東インド最大の都市コルカタに、ダージリンとアッサムのティーオークション会場があります。
ブローカー会社J.Thomas & Co社の青いビル内にあり、月曜日がダージリン、火曜日がアッサムなどの競りが開催されます。
アッサムのオークションは広い会場でパソコンにより静かに行われていますが、ダージリンは写真のようにハンマーと掛け声で行われています。(パソコンシステムに移行する予定のようです。)

 

IMG_0260J.Thomas&Co (ブローカー会社)

インドに7社ほどある紅茶ブローカー会社の1つです。オークション会場がある同じビルの上の階では、テイスティングルームがあり、見学許可申請を経て見学することができます。(オークション見学も許可必要)
プロのテイスターの評価作業には、目を見張ることでしょう。

 


コルカタのチャイ屋さん

チャーイ (コルカタ)

インドに行った楽しみの一つは、街角や露天にあるチャーイ屋さんです。
牛乳と水とCTCの茶葉をグツグツ煮込み、素焼きのカップで熱くて甘いチャイをお試しください。生姜やカルダモンなどのスパイス(マサラ)が入ったチャイなどいろいろと種類があります。

 


お問い合わせ・お申し込み