仏教聖地巡拝・秘境・テーマ別の旅 専門旅行会社トラベルサライ
株式会社トラベルサライ
       
大阪/TEL:0120-408-128
東京/TEL:0120-408-361
営業時間/平日9:30~18:00(土・日・祝日は休業)
       

10月20日出発 日本中国茶普及協会企画 第11回中国茶と中国文化にふれあう杭州7日間 中国国家資格「初級・中級・高級評茶員」研修ツアー

  1. 中国茶のソムリエを目指しませんか。ビジネスとして中国茶を扱われている方はもちろん、中国茶が好きな方、中国料理の調理師の方、中華料理レストランのサービスマンの方、中国文化に興味をお持ちの方、趣味をお探しの方など大歓迎です。
  2. 本資格の発行元であります「中華全国供銷合作總社・杭州茶葉研究院」は評茶員セミナー20年以上の歴史を誇っており、その充実の講師陣の下、研修致します。
  3. 初級、中級、高級評茶員研修後に検定試験があり、合格した方は中華人民共和国・労働和社会保障部発行の初級、中級、高級評茶員の資格を取得できます。各研修の受講資格は次の通りです。初級-お茶の基礎知識を有する方、中級-初級を持っている場合は、取得後2年で受講可能です。また5年以上の茶業従事者は取得後1年受講可能です。更に6年以上の茶業従事者は、初級を持っていなくても受講可能です。高級-中級を持っている場合は、8年以上の茶業従事者が可能です。茶業に12年以上従事している場合は、中級持っていなくても受講可能です。
  4. 宿泊は、杭州友好飯店(コウシュウユウコウハンテン)(4ツ星)です。市内中心部のビジネスエリアに位置する高層ホテルです。西湖やショッピングセンターは徒歩圏内です。
  5. 食事は杭州の老舗・流行のレストランを厳選しております。料理関係者の方も必見です。
  6. 添乗員は同行しませんが、現地日本語ガイドが同行、さらに本協会より講師が同行、講義のサポートし、皆様を安全に全行程ご案内します。往復は杭州へ安心の全日空直行便を利用します。

日本中国茶普及協会では、中華全国供銷合總社杭州茶葉研究院と提携し、日本に於ける中国茶普及活動の一環として中国国家資格であります評茶員の日本語版研修を実施しております。本資格は中国国内においてお茶のビジネスをするために必要な職業資格の一つです。本ツアーは研修をメインに研究院に在籍するお茶の先生方との交流や、茶産地や茶館見学による茶文化のふれあい、杭州西湖の自然文化、こだわりの杭州中国料理の堪能といった中国茶を入口として中国文化とのふれあいの旅となっております。

杭州の主な観光スポット

中国茶葉博物館

中国でただひとつの、茶専門の博物館である。壁を取り外して、まわりの茶畑と一体になるようつくられている。「嘉木苑」の中には百種類以上のお茶の木があり、「双香径」という道の路面には歴代の碑石、書道、絵、彫刻などから選ばれた百の「茶」という字(及び別称)がはめ込まれている。


龍井茶産地

浙江省杭州の風光明媚な西湖一帯を産地とする龍井茶は中国緑茶の代表格。なかでも質の良い龍井茶がこの西湖龍井茶である。日本茶と同じ緑茶なので、新しい茶葉ほどおいしいと言われている。ただし、蒸すことによって発酵を止める日本茶に対して、中国の緑茶は釜入りで発酵を止める。コクがあって口当たりもよく、爽やかな香りが特徴。茶葉は偏平の形をしていて、艶のある緑色のものが上質とされている。


杭州・西湖

市街地の西側に広がる三方を緑の山々に囲まれた湖。数多くの景勝地を持ち、四季折々の美しい姿を見せる。中国に36ヵ所同名の「西湖」の中で、杭州の西湖が最も魅力的な湖といわれている。


胡慶余堂

中国で最初の漢方薬をテーマとする博物館で、杭州市呉山の北の大井港に位置している。博物館内には胡雪岩の三宝(金銀製薬工具、戒欺額、薬局額)や名医・名薬紹介、及び一万種類を越える薬草が展示されている。胡慶余堂は清の末期「長江以南の薬王」といわれた胡雪岩という人が1874年に創設したもので、北京の同仁堂と共に中国南北の漢方薬の老舗と称され、同博物館には160余点の文物が収蔵されており、特に伝統的な製薬関係の文物は最も特色がある。

旅行日程

青字:見どころ 緑字:世界遺産 →:陸路移動 ➾:空路移動

1日目 成田空港 ➾ 杭州

成田空港集合08:10予定
全日空にて、杭州へ
着後、入国手続き ガイドと合流
杭州市内見学(胡慶余堂、西湖遊覧など)
夕食は、老舗レストランにて
<杭州:杭州友好飯店泊>

2日目 杭州

終日、評茶員研修

<杭州:杭州友好飯店泊>

3日目 杭州

終日、評茶員研修
ご希望の方は、夕食、青藤茶館へご案内

<杭州:杭州友好飯店泊>

4日目 杭州

終日、評茶員研修

<杭州:杭州友好飯店泊>

5日目 杭州

終日、評茶員試験(筆記・実技)
夕食は西湖春天にて杭州料理
<杭州:杭州友好飯店泊>

6日目 杭州

龍井茶産地見学と中国茶博物館見学
茶葉市場と虎跑泉見学
昼食は茶農家での食事体験
夕食は薬膳料理
<杭州:杭州友好飯店泊>

7日目 杭州 ➾ 成田空港

朝食後、出発まで自由行動
空路、帰国の途へ
着後、通関手続きを済ませ、解散

旅行概要

日程

2019年10月20日(日)~10月26日(土)7日間

旅行代金

会員:初級327,000円 中級335,000円 高級344,000円(燃油査証諸税別途)
一般:初級342,000円 中級350,000円 高級359,000円
個室利用料金:58,000円

発着地

成田空港(各地地方空港発着ご希望の方はお問い合わせください)

航空会社

全日空

催行人数

10名様以上。

備考

評茶員研修費用、夕食1回を除く全ての食事 日本語ガイド同行空港税、出国税を含む。

<旅行代金に含まれないもの>
燃油サーチャージ:全日空7,000円(18年10月現在)
茶館での飲食代1回分

※研修(第2日~第4日)授業時間:午前09:00~12:00 午後:13:00~16:00
※授業の進捗状況及び講師の都合により授業の順番・内容変更や延長、講師変更を行なう事がございます。予めご了承下さいますようお願い致します。