仏教聖地巡拝・秘境・テーマ別の旅 専門旅行会社トラベルサライ
株式会社トラベルサライ
       
大阪/TEL:0120-408-128
東京/TEL:0120-408-361
営業時間/平日9:30~18:00(土・日・祝日は休業)
       

5月17日出発 田口ランディ先生と行く ボロブドゥール遺跡 インドネシアの旅

作家・田口ランディ先生と5月の満月にインドネシアを旅するツアーです。(1/24:内容の変更致しました)5月の満月は仏教徒にとってとても大切な、お釈迦様の誕生、成道、般涅槃を記念したウェサーカの日(「ワイサック」とも呼ばれます)。この日、世界三大仏教遺跡のひとつで約1,200年の歴史をもつ巨大な規模の仏教寺院であるボロブドゥール遺跡で開催される仏教の儀礼に参加予定です。
田口ランディ 先生
1959年、東京生まれ。2000年、長篇小説『コンセント』を発表。以来、社会問題や人間の心をテーマに、
フィクションとノンフィクションを往還しながら幅広い執筆活動を続けている。作品は映画化や各国語に翻訳され、海外でも高い評価を得ている。2001年、『できればムカつかずに生きたい』で婦人公論文芸賞を受賞。小説に『アンテナ』『モザイク』『被爆のマリア』『マアジナル』『サンカーラ』『ゾーンにて』『リクと白の王国』『指鬘物語』など、エッセイ/ノンフィクションに『生きなおすのにもってこいの日』『ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ』『いのちのエール』『生きてるって、幸せー!』など多数。仏教をテーマとした対談集に『仏教のコスモロジーを探して』(サンガ)がある。

ツアー紹介

世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡とワイサック

ボロブドゥール遺跡はインドネシアのジャワ島にある世界最大級の仏教寺院であり、ユネスコの世界遺産へも登録されています。インドから東南アジアに伝播した仏教は一般的に上座部仏教でしたが、ボロブドゥール遺跡は大乗仏教の遺跡です。
寺院の基壇にあたる方形壇は4つの回廊があり、壁面にはお釈迦様の生涯、シビ王物語をはじめとするジャータカ(本生譚)などを題材とした浮き彫りパネルが1,460面あり、方形壇と円形壇(上壇)の各所に504体もの仏像が安置されています。遺跡に近いホテルに泊まり、仏塔にて日の出を鑑賞します。
 

ワイサック

毎年5月の満月に行われるブッダ生誕祭「ワイサック」。
町ではサフラン色の袈裟を着た僧侶が練り歩き、読経がこだまし、夜にはボロブドゥール遺跡公園で数千ものランタンが月夜に打ち上げられる、ボロブドゥールが一番賑わう日です。 特別参加する内容です。(イベントが諸事情にて変更される場合があります)

旅行日程

青字:見どころ 緑字:世界遺産 →:陸路移動 ➾:空路移動

1日目 羽田空港 ➾ ジャカルタ ➾ ジョグジャカルタ

羽田空港集合 09:45
ガルーダインドネシア航空にて、首都ジャカルタへ
着後、入国手続き、乗り継ぎ
空路、ジョグジャカルタへ
着後、市内のホテルへ
<ジョグジャカルタ:グランドアストンホテルクラス泊>

2日目 ジョグジャカルタ → ボロブドゥール

ホテルにて朝食後、世界遺産プランバナン寺院とセウ寺院観光。
昼食後、ボロブドゥールへ
夕食後、ボロブドゥールへ ホテルチェックイン
ワイサックのランタン上げに参加(暫定)
宿泊は、ボロブドゥール遺跡近いホテルに滞在
<ボロブドゥール:シャンカラボロブドゥールホテルクラス泊>

3日目 ボロブドゥール

朝食後、仏教儀礼参加(後日スケジュール正式発表)
パオン寺院・ムンドゥッ寺院見学

<ボロブドゥール:シャンカラボロブドゥールトホテルクラス泊>

4日目 ボロブドゥール → ジョグジャカルタ ➾ ジャカルタ ➾

ゆっくりボロブドゥール見学
コタクデ銀細工工房見学やバティック工房見学、お買物など
空路、ジャカルタへ
着後、乗り継ぎ
空路、帰国の途へ

5日目  ➾ 羽田空港 

08:50着
<機中泊>

旅行概要

日程

2019年5月17日(金)~5月21日(水)5日間

旅行代金

278,000円(燃油諸税別途)
個室利用旅金:28,000円

発着地

羽田空港(各地地方空港発着ご希望の方はお問い合わせください)

航空会社

ガルーダインドネシア航空

催行人数

15名様以上。

備考

日本語ガイド同行。15名様以上にて添乗員同行

旅行申込み締め切り:4月1日必着

<旅行代金に含まれないもの>
燃油サーチャージ:インドネシア航空15,000円(18年12月現在)
※原油価格より変動致します

空港使用料:羽田空港2,570円 現地空港税 約3,000円、出国税1,000円
渡航手続き代行料:2,180円