仏教聖地巡拝・秘境・テーマ別の旅 専門旅行会社トラベルサライ
株式会社トラベルサライ
       
大阪/TEL:0120-408-128
東京/TEL:0120-408-361
営業時間/平日9:30~18:00(土・日・祝日は休業)
       

12月11日出発 大乗経典読誦法要 世界の仏教徒の詠唱が世界を繋ぐ インド釈尊聖地巡礼の旅

ブダガヤ大塔

アメリカを本部に2006年より活動をしている’The Light of Buddhdharma Foundation International’財団法人の企画です。
第2回 大乗経典読誦法要に参列する旅行です。
釈尊がお悟りを開かれたブダガヤの菩提樹のもとで世界の仏教徒が集い、法要に参列します。第一回目の昨年はアジア各国から多数の仏教徒が参列し、ラージギルにて法要が執り行われました。

本旅行では
Aコース
釈尊二大聖地(ブダガヤ、ラージギル)を訪ねる旅
12月11日(火)~12月18日(火) 8日間

Bコース
釈尊三大聖地(ブダガヤ、ラージギル、サールナート)を訪ねる旅
12月11日(火)~12月20日(木) 10日間

のいずれかのコースでご旅行いただけます。

 

ブダガヤ大塔

ブダガヤ大塔

 

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 仏教聖地 世界遺産 お薦め見学地

関西空港着

1

関西空港 ⇒ デリー

関西空港へ集合。
エア・インディア(インド航空)にてインドの首都・デリーへ(香港経由)
着後、入国審査の後、ホテルへ

 

朝×・昼機・夕機<デリー泊>

2

デリー ⇒ ガヤ → ブダガヤ

国内線にてガヤへ
着後、釈尊成道の地ブダガヤへ(大塔、金剛宝座、尼蓮禅河、スジャータ村)

朝○・昼○・夕○
                           <ブダガヤ泊>

3

ブダガヤ

終日、TIPITAKA CHANTING に参列

朝○・昼○・夕○                       <ブダガヤ泊>

ブダガヤ → ラージギル

午前、会場のあるラージギルへ
着後、オープニングセレモニーにご出席

 

朝○・昼○・夕○                       <ラジギール泊>

ラージギル

引き続きオープニングセレモニーに出席
午後は中国、ベトナムの詠唱

朝○・昼○・夕○                       <ラージギル泊>

ラージギル

午前、韓国の詠唱
午後、日本の詠唱

朝○・昼○・夕○                       <ラージギル泊>

ラージギル → ガヤ ⇒ デリー ⇒

午前、空港のあるガヤへ
空港付近にて昼食
後、国内線にてデリーへ
着後、夕食後、関西空港へ

朝○・昼○・夕○                          <機中泊>

関西空港

着後、入国審査ののち、解散

朝機・昼○・夕○

【食事記号】 ○=食事あり ×=食事無し 機=機内食 車=車中食(列車)

※Bコースの方は 12月19日にベナレス、12月20日はベナレスの見学と初転法輪後サールナートの参拝の後、帰国します。
※上記行程は現地交通事情、交通機関の遅れにより変更を生ずる場合があります。予めご了承下さい。
※上記記載の観光は原則として全て下車観光となります。
※日程詳細は下記お問い合わせフォームよりパンフレットご請求下さい。

旅行概要

日程2018年 12月 11日(火)〜 2018年 12月 18日(火)
日数8日間
旅行代金

旅行代金
Aコース:218,000円
Bコース:258,000円

上記旅行代金の他、別途、下記費用が必要です。
※インド査証料(1,550円)、査証取得手続き代行料(9,720円)、関西空港施設利用料(3,040円)、
現地空港税(2,400円)、燃油サーチャージ(12,000円 ※9月現在)
尚、燃油サーチャージ高くなる場合があります。その際は実費をお申し付けします。

発着地
  • 大阪(関西)
航空会社エア・インディア(インド航空)
催行人数10名
備考