仏教聖地巡拝・秘境・テーマ別の旅 専門旅行会社トラベルサライ
株式会社トラベルサライ
       
大阪/TEL:0120-408-128
東京/TEL:0120-408-361
営業時間/平日9:30~18:00(土・日・祝日は休業)
       

子連れスリランカ④(最終)

いよいよ旅の最後のお楽しみ 「ホエールウォッチング&ドルフィンウォッチング」です。

スリランカで何カ所か出来るスポットがありますが、今回は東海岸にあるトリンコマリーに行ってきました。

DSC04415DSC04591

 

 

 

 

 

ホテルの前のビーチから日の出を見ることができます。 ↑昼間はこんな感じ。

「ホエールウォッチング&ドルフィンウォッチング」は朝6時に出発です。

ホテルでもアレンジしてもらえますし、ビーチ沿いに手配してくれる会社がいくつかあります。

DSC04419DSC04421DSC04424

 

 

 

 

 

↑ちゃんとライフジャケットを着ます。 船は6人乗りの小さなボート。 ビーチから水際までお客さんも船を押します。

 

DSC04445まずは、くじらがいる海域へレッツゴー! 他の船も同じように向かっています。くじらはずっと海の中へ潜っていて、息をするときに海面に上がってきます。海面に上がる時に潮をふきます。いつどこに上がってくるかわからない広い海面をじっと見つめます。

 

 

DSC04456誰かが潮を吹いたのを確認すると、みんないっせいにくじらに向かいます。1回潮を吹いただけでまた潜る時もあれば、運良く何回も海面に上がってくる事もあります。

ほんの一瞬しか海面に出てこないので、写真を撮るのがめちゃくちゃ難しいです。

 

DSC04460←奇跡の1枚です。

 

 

 

 

今回は1時間ほど「くじら探し」にねばりましたが、4回ほどしか上がってきませんでした。

気を取り直して イルカがいる海域へ移動します。

DSC04534DSC04555DSC04567

 

 

 

 

 

イルカ達は、たくさんいました!子ども達もテンション↑ ↑

イルカは人懐こいので、船の近くまでやってきてくれます。ただ、船が揺れるので写真はこちらも難しいです。

1時間ほどイルカ達を追いかけてビーチに戻りました。だいたい2時間30分の体験です。

せっかく、トリンコマリーまで来たので、午後からはトリンコマリーの沖合にある国立公園に指定されているピジョンアイランドへ行きました。

珊瑚礁に囲まれた、手つかずの自然が残る美しい島です。シュノーケリングやダイビングを楽しむ事が出来ます。

DSC04602DSC04623DSC04618

 

 

 

 

 

宿泊したホテルからボートで30分。海中は珊瑚礁、陸は珊瑚のかけらでいっぱいです。マリンシューズをはかないと痛くて歩けません。

 

DSC04604DSC04609

 

 

 

 

 

子ども達は浅い所で練習をします。慣れてからシュノーケリングスポットへ向かうのですが

下の子は海水を飲んでしまい、やる気がなくなり友達と珊瑚のかけら拾いをすることに。。。

その間にお兄ちゃんと私はガイドさんとシュノーケリングスポットへ

残念ながら水中カメラを持っていなかったので写真はありませんが、たくさんの種類の熱帯魚とウミガメ2頭、サメを4頭、見ることができました。

海水の透明度は思ったより高くなかったですが、充分に楽しめました。

 

 

DSC04634

トリンコマリーに戻って、今日1日案内してくれたガイドさんと記念撮影。

子ども達にとても優しくて親切なガイドさんでした。

 

 

 

夏休みはお子様とご一緒にスリランカ旅行はいかがですか?

もちろんご夫婦、お友達、お1人様、大歓迎です!

スリランカのツアーはこちら↓

スリランカ エレファントサファリ(アヌラーダプラコース)

スリランカ エレファントサファリ(キャンディーコース)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です