仏教聖地巡拝・秘境・テーマ別の旅 専門旅行会社トラベルサライ
株式会社トラベルサライ
       
大阪/TEL:0120-408-128
東京/TEL:0120-408-361
営業時間/平日9:30~18:00(土・日・祝日は休業)
       

シャンティランカ・アーユルヴェーダ・センター


シャンティランカ・アーユルヴェーダ・センター 公式HP
2015年にオープンした日本人専用アーユルヴェーダ保養施設(治療施設)です。観光用施設ではなく、本格的に治療に専念したい方、勉強されたい方にはお薦め致します。
海に面した西海岸のマウントラヴィニア地区にあり、自然豊かで町の利便性もよく、治療に専念できる環境です。
宿泊は1泊から受け付けておりますが、治療の目安は10日間~1か月を目安にしてください。

施設の特徴

海から徒歩1分、マウントラヴィニアの住宅街にあるこじんまりとした施設です。
日本人専用保養施設として、ホテルではないため滞在の部屋はごく簡素で最低限の設備しかありません。
日本人の運営ディレクターが常駐し、日本語の話せるスタッフ(話せないスタッフもいます)や、通訳アシスタントを行う日本人スタッフもおり、英語が話せなくても問題のない環境となっております。
コロンボ大学に勤務する現役のドクターによる毎日問診の上、治療が行われます。
※施設専属は1名、その他のドクターは予約時に大学勤務との調整が行われます。
施術時間・内容は、患者の状況によるため決まっていませんが、アーユルヴェーダの理念に基づき、治療は基本的に午前中に行われます。
午後の自由時間はありますが、滞在中はドクターの指示に従ってもらう必要があります。(安静と言われた場合には外出ができないなど)

お申込み~ご出発までの流れ

  1. ご希望の時期・泊数(及び航空券手配の希望の有無)をお知らせください。弊社にて空室・医師のスケジュール状況を確認し、ご案内致します。
  2. 滞在期間決定後、航空券手配及びシャンティランカへの予約手配を行います。(パスポート情報や現住所など渡航者情報をお伺いします)
  3. 治療申込書、問診票、請求書、旅行手続書を送付致します。
  4. 治療申込書・問診票をシャンティランカへ提出/弊社へ費用のお支払い
    プライベートな質問が多いため、問診票は直接シャンティランカへ提出するようご案内しております。
  5. 事前コンサルティングご希望の場合は、シャンティランカより直接お客様に手順の説明があります。(強制ではありませんがお勧め)
    日本・スリランカをインターネットで繋ぎ、ドクターと直接お話して頂き、治療内容について話し合います。渡航までに日数がある場合は、日本にいる間に服薬を行うこともあります。
    ※この段階は、お客様とシャンティランカとの直接のやり取りとなり、弊社は関与しません。
  6. ご出発1週間前までに、最終日程、現地連絡先、送迎者名など案内致します。

事前コンサルティング

ご出発前に、スカイプ/LINEコンサルティングを受けることができます。これは、事前にドクター(日本語可・通訳あり)と、時間的にも費用的にも無理のない治療プランを相談できます。スリランカでしかできないこと、日本でできることがあります。
事前コンサルティングは有料で任意ですが、シャンティランカでは14日以上の滞在を行う場合は事前コンサルティングを受けることを推奨しております。
ドクター達は、国立大学病院の勤務医であると同時に、大学の講義を担当する教授達でもあります。※マウントラヴィニアセンターには、専属のドクターがいて、日々の治療に当たります。

センタースタッフ・ドクター紹介

※ご紹介以外にもドクターはおります。詳しくはシャンティランカ公式WEBサイトでご確認ください。

チーフコンサルタントドクター
Dr.ハサン
センターの相談役

コンサルタントドクター
タルーシ先生
シャンティランカ専属ドクター

チットラマーラ教授
専門はパンチャカルマ

クマーリ教授
専門はアーユルヴェーダ基礎概念

アマラシンハ教授
専門は小児科

アリヤワンサ教授
専門は一般内科

施設スタッフ

ディレクター 梅原しょうこ
アーユルヴェーダ歴15年。9年間のスリランカ在住を経て、現在シャンティランカ治療施設を全般的に運営しています。ドクターの通訳を行いながら、滞在者のケアをおこなっています

セラピスト マーリ
セラピスト歴6年。優しい性格と可愛さで人気が高い。日本で3か月間の研修を得て、少しずつ日本語も覚えています

セラピスト シャーマニ
セラピスト歴2年。2児の母で、忙しい家事をこなしつつ、シャンティランカで様々な仕事をこなす優れたスタッフです

セラピスト ラーラニ
シャンティランカで一番若いセラピストです。しっかり者で仕事を覚えるのが早く、勉強熱心です。オープンユニバーシティーで週一で勉強中。

セラピスト兼送迎 アンソニー
朗らかで優しくて頼りになる男性セラピストです。施術だけでなく、運転やメンテナンスなど何でもこなします。

アーユルヴェーダ料理 料理人 サイラ
シャンティランカのメインシェフ。朝昼夜と1日3回、ガスコンロまで磨くほどのきれい好きです。クライアントに合わせた特別な料理を、日本人好みの味で作ってくれます。

その他、ヨガインストラクターのブッディ先生や気功・太極拳インストラクターのマヘーシュ先生等、非常勤の講師の方もいらっしゃいます。

滞在中の1日の流れ(参考)

施術や内服薬の投与だけでなく、治療期間中の規則正しい生活そのものが、治療の一環になります。その方の体調によって、ドクターが勧めることが変わります。

05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
12:00
13:00
16:00
18:00
19:00
22:00
起床、呼吸法(朝の空気を吸う)、洗顔、お釈迦様に水と花をお供えする、瞑想
散歩、ヨガ、軽い運動(この中からできることを行う)
シャワー
朝食・・・食後に内服薬
ドクターの問診(週に3~5回)
施術
昼食・・・食後に内服薬
フリータイム
夕方からの施術がある場合もあります
夕食・・・食後に内服薬
フリータイム
就寝

写真ギャラリー

治療プログラム参考例A(M様 14日間施術)

治療目的

  1. 消化バランスを取る
  2. 脂肪を減らす
  3. 血管や消化管などの老廃物の浄化
  4. 筋肉の張りを取り戻す
  5. 体重を減らす

治療内容

  • ボディートリートメント
  • アイセラピー(目の治療)
  • 瞑想
  • シローダーラ

他、食事療法、内服薬の服用など

治療効果

  • 体重4キロ減
  • 腸の動きが適正化し規則的な排便になる
  • 肩こりの軽減
  • 下半身のむくみ、たるみの軽減

他、息切れの軽減、ゲップの軽減、過食コントロール、ドライアイ改善
※治療効果には個人差があります。全ての人が同様の効果を実感できるものではありません。

治療プログラム参考例B(F様 29日間施術)

治療目的

  1. 体の左側の痺れと部分的な痛み
  2. 手足の関節の可動範囲が狭い
  3. 耳鳴り、花粉症の軽減

治療内容

  • 毎日、朝と夕方のオイルマッサージ 計44回
  • 朝5時に起床してヨガと呼吸法の実践
  • アーマーパーチャナ 合計3回
  • (治療を開始するための準備として胃腸の働きを良くして毒素を消化させます。)

  • カティヴァスティー 計6回
  • (効果のあるオイルを患部に留める腰の治療です。他、ハーブなどのペーストの塗布、薬草オイルを染み込ませた湿布など)

  • ナスヤ 計5回
  • (鼻からオイルを注入する治療)

  • シローレパー 計3回
  • (頭部の治療)

    治療効果

    • 体の痺れと痛みの軽減
    • 指関節の可動範囲の回復
    • 耳鳴りの軽減
    • 花粉症症状の軽減

    ※治療効果には個人差があります。全ての人が同様の効果を実感できるものではありません。