お茶の旅

2017年8月27日出発 セイロン紅茶専門店ミツティー企画 第5回 ミツと行くスリランカ紅茶の旅

※毎年キャンセル待ちとなる人気のツアーです。座席数に限りがあります。

 

mitsutea02

当ツアーのポイント

紅茶とスリランカの魅力を楽しむツアーです
 茶園を訪問し、出来立ての紅茶の新茶テイスティングはもちろん、ホテルでのアフタヌーンティー、食後の紅茶、スリランカの人たちが集うレストランでの甘いミルクティー(キリテー)、下宿先に立ち寄り家で毎日飲む紅茶の体験など、様々な角度から日本とはひと味もふた味も違う、スリランカでの紅茶の楽しみ方をご案内します。

茶園で一日ゆっくり滞在
 茶園で過ごす時間をたっぷりとっています。茶摘み婦人と一緒に茶摘みして頂き茶園の中の生活を体験しましょう

現地の方とのふれあい
 ミツが過ごした下宿先を訪問します。おせっかいだけど温かいスリランカ人。紅茶だけでなく、スリランカの生活そのものも体験できます。

ディプロマ発行します
 茶園での見学、政府紅茶局のサインが入った修了証を発行します

スリランカカレー教室
 ミツの下宿先のスリランカ人家庭にて、家庭料理教室を行います。スパイスやカレーの作り方を覚えましょう。

旅行の見どころ

紅茶を楽しむ

紅茶の作り方を学びます。製茶方法にはハイグロウン、ロウグロウン、CTC製法の3つのタイプがあります。これらの工場を訪れ、紅茶が出来るまでの作り方の違いを目で見て実感しましょう。またローカルミルクティーのキリテーやヌワラエリヤでのアフタヌーンティーをお楽しみ頂く予定です。

 

茶園での滞在

 ウバの茶園でゆっくり時間をお過ごし頂きます。普通のツアーでは入ることができない茶園の奥の奥までプラッカー(茶摘み婦人)と一緒に茶摘みを体験し、茶園の邸宅バンガローにて昼食もお取り頂きます

 

 

 

スリランカ観光、食事、お買い物

 スリランカの観光ハイライト世界遺産シーギリヤロックを訪れます。また、ミツ下宿先にて行われるスリランカ料理教室、ノリタケアウトレット工場やスリランカの雑貨店などでのお買い物など、楽しみがたくさんある内容です。

 

 

滞在予定のホテル

各所デラックスクラスホテルを利用します。
ザ・ヘリタンス・ティーファクトリーホテル

ヌワラエリヤのティーファクトリーホテルは、茶畑の中にある紅茶工場を改築した紅茶好きの為のホテルです。近年、ホテル側の方針で団体予約を受け付けないポリシーが出来、グループでの利用が大変難しくなっております。

 

 

 

ヘリタンス・カンダラマホテル
スリランカを代表する建築家、ジェフリー・バワが設計した唯一の内陸リゾートホテルです。
バワ建築の中で最高傑作ともいわれ、緑色に輝く山波と湖に囲まれたその姿は、まるで一枚のキャンパスに描かれたように美しく、自然の中にひっそりと建ちながらもダイナミックな大自然との調和が見事なホテルです。

 

マウントラヴィニアホテル
かつてイギリス人提督の別荘として使われていた建物を改装したクラシックホテルです。
外観はまさにコロニアルスタイルで、西洋風の白い壁と高い天井を持ち、踊り子ラヴィニアの像が立つ噴水が印象的です。ホテル内ではアンティークの数々を目にすることができ、思わずシャッターを押したくなるような美しいポイントが沢山あります。

 

旅行日程

2017年
8/27

(日)

成田空港 ⇒ コロンボ空港 → コロンボ市内

成田空港第2ターミナル集合 午前9時20分
スリランカ航空にて、空路、コロンボへ(直行便)
着後、陸路コロンボへ 約30分
市内にてレストランもしくはホテルにて夕食
朝×・昼機・夕○ 
<コロンボ:シナモングランドホテル>

8/28
(月)

コロンボ →  ダンブッラ

ホテルにて朝食後、政府紅茶局にてセイロンティーについてのセミナーとテイスティングについて学びます。
昼食後、陸路、ダンブッラへ 約4時間
途中キリテ―体験とトロピカルフルーツ堪能
着後、トロピカル建築の巨匠ジェフリーバワ設計ホテル滞在
朝○・昼○・夕○
<ダンブッラ:ヘリタンス・カンダラマホテル泊>

8/29
(火)

ダンブッラ → シーギリヤ → マータレー → キャンディー

朝食後、スリランカ観光のハイライト シーギリヤへ 約30分
世界遺産シーギリヤロック観光(1200段の階段)
後、古都キャンディーへ 約2時間半
途中、スパイスガーデン見学、スパイス専門店でショッピング
洋食器の世界ブランド・ノリタケ アウトレット店にてお買い物
朝○・昼○・夕○
<キャンディー:アールスリージェンシーホテルクラス泊>

8/30
(水)

キャンディー → ヌワラエリヤ

朝食後、陸路、リトルイングランドともいわれるヌワラエリヤへ
途中、茶園にてフレッシュな紅茶を楽しむティータイム
ミツ下宿先訪問 市街散策 ホテルにてアフタヌーンティー
紅茶工場を改造したブティックホテルに滞在

朝○・昼○・夕○
<ヌワラエリヤ:ヘリタンス・ティーファクトリーホテル泊>

8/31
(木)

ヌワラエリヤ → ウバ地区 → ハプタレー

稼働中のペドロ茶園紅茶工場見学(ご希望の方)
ホテルにて朝食後、クオリティーシーズンのウバ地区紅茶工場見学
こころゆくまでプラッカー(茶摘み婦人)とともにゆっくり茶摘み
茶園の邸宅バンガローにて昼食
など
眺めの良いホテルに滞在
朝○・昼○・夕○
<ハプタレー:メルハイムリゾートホテル泊>

9/1
(金)

ハプタレー → サバラガムワ地区 → マウントラヴィニア

朝食後、陸路、マウントラヴィニアへ
途中、サバラガムワ地区にてロウグロウン製法とCTC製法の紅茶工場見学(未定)
ミツ下宿先 マリーニ宅にてスリランカ料理教室と夕食
朝○・昼○・夕○
<マウントラヴィニア:マウントラヴィニアホテル泊>

9/2
(土)

 

マウントラヴィニア → コロンボ → コロンボ空港 ⇒

自由行動
お買い物組、のんびり組、アーユルヴェーダ(オプション)に分かれます。
市内にて集合、昼食後、空港へ
空路、帰国の途へ
朝○・昼○・夕機
<機中泊>

9/3
(日)

 

 ⇒ 成田空港

着後、通関
朝機・昼×・夕×

【食事記号】 ○=食事あり ×=食事無し 機=機内食 車=車中食(列車)

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 世界遺産 お薦め見学地

※上記行程は現地交通事情、交通機関の遅れにより変更を生ずる場合があります。予めご了承下さい。
※上記記載の観光は原則として全て下車観光となります。
※日程詳細は下記お問い合わせフォームよりパンフレットご請求下さい。

※ティーファクトリーホテルは部屋数に限りがあります。
※予期しない選挙や茶園のストライキ、地域だけの祝祭などにより工場が急遽休みになる場合があります。
※上記の時間はすべて現地時間で表示しており、スリランカとの時差は3時間半です。日本正午=スリランカ午前8時半

旅行概要

日程2017年 08月 27日(日)〜 2017年 09月 03日(日)
日数8日間
旅行代金

旅行代金:339,000円
一人部屋追加代金:76,000円
日程表記載の通り 各地デラックスホテルクラス利用
現地日本語ガイド同行

<旅行代金に含まれないもの>
渡航手続き代行料:4,320円、スリランカ査証:US35ドル
燃油サーチャージ:0円(2016年11月現在)
空港税成田2,610円、コロンボ3,100円

必要残存期間:6ヶ月 (2018年 2月27日以降も有効なパスポートが必要)

発着地
  • 東京(成田・羽田)
航空会社スリランカ航空
催行人数15名様
備考

締め切り 2017年 7月1日(土)

お問い合わせ・お申し込み