特別企画

関空出発カンボジアツアー アンコール遺跡と 天空の寺院・プレアヴィヒアへの旅

世界三大仏教遺跡のひとつ、
       カンボジア遺跡をじっくり巡る旅へ

世界遺産プレアヴィヒアから眺望するカンボジアの大地

世界遺産アンコール遺跡群のあるシェムリアップをくまなく見学する旅行です。
シェムリアップでは有名な遺跡であるアンコール・ワットの他、カンボジアとタイの国境近くにある天空の遺跡、世界遺産プレアヴィヒアや七層のピラミッド型の遺跡が残る、コーケー遺跡群を見学します。ぜひ、この機会にカンボジアへお越しください。

12世紀前半に建造されたクメール建築の至宝”アンコールワット”


カンボジアツアーシェムリアップの郊外にあるジャングルの中に忽然と浮かびあがる巨大な遺跡群。王国が栄華を極めた12世紀中頃、約30年の歳月をかけ、スーリヤヴァルマン2世によって建立された石造寺院で、三重の回廊と5基の塔を持つこの壮麗な遺跡はクメール美術の最高傑作とさえ呼ばれています。

 

高さ650mの断崖絶壁に立つ、天空の城”プレアヴィヒア”


カンボジアで3つめの世界遺産。タイとの国境に位置し、別名で「天空の寺院」と呼ばれるように、寺院敷地内の断崖(地上550m)から見晴らすカンボジアの大地の景色は圧巻です。

 

 

森の中にひっそりと佇む巨大寺院”ベンメリア遺跡”


アンコールワットから東へ約60KM、ジャングルの中に佇むベンメリアは、「花束の池」という意味があり、三重の回廊、十字型の中庭の伽藍配置となっています。「天空の城ラピュタ」の舞台とも言われており、ひっそりと修復もされていない当時の面影が残る、訪れる事の少ないお勧めの遺跡です。

 

 

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 仏教聖地 世界遺産 お薦め見学地

関西空港着

1

関西空港 ⇒ ハノイ ⇒ シェムリアップ

関西空港集合
空路、ハノイ経由、カンボジアの首都シェムリアップへ
着後、入国審査と夕食の後、ホテルへ

朝機・昼機・夕○                     <シェムリアップ泊>

2

シェムリアップ

午前、アンコールトムの遺跡群を見学(南大門、バイヨン寺院、象のテラス、ライ王のテラス、タ・プローム)

午後、クメール建築の最高傑作アンコールワットを見学。夜は民族舞踊のアプサラダンスを観賞します。


朝○・昼○・夕○                     <シェムリアップ泊>

3

シェムリアップ

午前、バンテアイスレイ遺跡を見学
昼食後、オールドマーケットの散策とトンレサップ湖の遊覧


朝○・昼○・夕○                     <シェムリアップ泊>

シェムリアップ

午前、タイ国境近くの天空の遺跡プレアヴィヒア
午後、七層のピラミッド型の遺跡が残る、コーケー遺跡群を見学
後、シェムリアップへ

朝○・昼○・夕○                       <シェムリアップ泊> 

シェムリアップ

午前、森の中にたたずむ神秘的な寺院ベンメリア遺跡を見学
午後、ロリュオスに築かれた王都跡、ロリュオス遺跡群を見学


朝○・昼○・夕○                     <シェムリアップ泊>

シェムリアップ ⇒ ハノイ

午前、カンボジアのカッパドキアと言われるプーンタノンの見学
後、帰国準備の為、自由時間(お部屋は18時まで利用可能)
夕食後、空路、ハノイへ

 朝○・昼○・夕○                         <機中泊>

ハノイ ⇒ 関西空港

着後、入国審査ののち、解散

朝機・昼×・夕○

【食事記号】 ○=食事あり ×=食事無し 機=機内食 車=車中食(列車)

※上記行程は現地交通事情、交通機関の遅れにより変更を生ずる場合があります。予めご了承下さい。
※上記記載の観光は原則として全て下車観光となります。
※日程詳細は下記お問い合わせフォームよりパンフレットご請求下さい。

旅行概要

日程2019年3月9日(土)〜 2019年3月15日(金)
日数7日間
旅行代金

旅行代金:218,000円

上記旅行代金の他、別途、下記費用が必要です。

関西空港施設利用料(3,040円)、現地空港税(約3,000円)、カンボジア査証代(4,400円)

渡航手続き代行料(3,240円)、査証手続き代行料(6,420円)

燃油サーチャージ(17,270円。※原油価格により変動します。実費をお申し受けします)

発着地
  • 関西空港
航空会社ベトナム航空
催行人数6名様以上
備考

●添乗員同行 ●全食事付

 

 

お問い合わせ・お申し込み

インドビザ取得代行
スタッフブログ
エース保険
海外行くなら、イモトのWiFi