特別企画

11月18日出発 ビリヤニの聖地ハイデラバードへ 有名店訪問と料理教室、タージ・マハールの旅

11月18日出発 ビリヤニの聖地ハイデラバードへ 有名店訪問と料理教室、タージ・マハールの旅

ハイデラバードのビリヤニ(イメージ)

ハイデラバードビリヤニ(イメージ)

ビリヤニを愛する方々の集い、「日本ビリヤニ協会」様ご企画の旅行です。
インドの炊き込みご飯ビリヤニを現地で堪能します。
ご旅行パンフレットはこちらから
表紙
日程表

日本では味わうことの出来ない本場のビリヤニを一緒に堪能しませんか?
インドのビリヤニの聖地と呼ばれている「ハイデラバード」を訪ね、厳選したレストランをご紹介するだけではなく、
本場の作り方を習うことができる料理教室も開催されます。ビリヤニ好きにとっては大満足な内容となっています
ので、ぜひともご参加ください。

ビリヤニを愛する方から、単純にご興味のある方までどなたでもご参加可能です。

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 世界遺産 お薦め見学地

成田空港・伊丹空港・中部空港発着
※その他の空港からでも +片道5,000円にて
成田空港(又は羽田空港)までの日本国内の全日空便をお手配できます。
ご自宅の最寄りの空港からご出発いただけます。

 

1

成田空港 ⇒ デリー

成田空港へ集合
空路、インドのデリーへ
着後、入国審査の後、ホテルへ

 

朝×・昼×・夕機<デリー泊>

2

デリー ⇒ ハイデラバード

現地のバザールやマーケットを訪問し、食材やスパイスを購入
料理教室にてビリヤニを作ります
夜、国内線にて空路、ハイデラバードへ

朝○・昼○・夕○                     <ハイデラバード泊>

3

ハイデラバード

午前、チャールミナールメッカマスジットの観光へ
昼食はハイデラバードのビリヤニの名店「Bawarchi」にて
昼食後、市内にてビリヤニとミルチカサランの料理教室
夕食はイスラム教徒の料理を提供する有名店「Alhamdulilah Hotel
にて煮込んで作るカレーの「ハリーム」

朝○・昼○・夕○                     <ハイデラバード泊>

ハイデラバード ⇒ デリー

朝食後、ハイデラバード市内散策
スパイスなどの食材市場や調理器具の見学、ショッピング
ビリヤニの仕込み風景なども見学
インド最後のビリヤニはビリヤニ協会・会長おすすめの「Alpha Hotel」にて
夕刻、国内線にてデリーへ
着後、ホテルへ

 

朝○・昼○・夕○<デリー泊>

デリー → アグラ → デリー

専用車にてアグラへ
着後、アグラ市内の観光(タージ・マハール、アグラ城
後、再びデリーへ戻り、夕食の後、空港へ


朝○・昼○・夕○                          <機中泊>

6

デリー ⇒ 成田空港

空路、成田空港へ
着後、入国審査ののち、解散

朝機・昼×・夕×

【食事記号】 ○=食事あり ×=食事無し 機=機内食 車=車中食(列車)

※上記行程は現地交通事情、交通機関の遅れにより変更を生ずる場合があります。予めご了承下さい。
※上記記載の観光は原則として全て下車観光となります。
※日程詳細は下記お問い合わせフォームよりパンフレットご請求下さい。

旅行概要

日程2017年 11月 18日(土)〜 2017年 11月 23日(木)
日数6日間
旅行代金

208,000円

 

上記旅行代金には下記の費用が含まれます
インド査証代(1,400円)
国内空港施設利用料(3,490円)
現地空港税(5,880円)
査証取得手続き代行料

また、上記旅行代金には下記の費用が含まれていません。
別途で必要になります。
燃油サーチャージ(4,000円)
※2017年8月1日現在。原油価格の変動により価格が変動する場合があります。
その場合は差額をお申し受けすることがあります。

発着地
  • 東京(成田・羽田)
  • 中部
  • 伊丹空港
航空会社全日本空輸
催行人数10名
備考

 

お問い合わせ・お申し込み

インドビザ取得代行
スタッフブログ
エース保険
海外行くなら、イモトのWiFi