特別企画

9月28日発 四か所の世界遺産を周遊 エジプトハイライトの旅

 

9月28日発 四か所の世界遺産を周遊 エジプトハイライトの旅

 

本年3月5日~12日のエジプトツアーがご好評の為、第二弾!

ピラミッドとスフィンクス

ピラミッドとスフィンクス


一番心配される治安の問題についてですが、ご安心ください。どこの観光地も入場に際してセキュリティチェックがしっかりとなされ、不審物をチェックしています。
また、ツーリストポリスも同行し、旅行者の安全を確保するなど、エジプト政府も治安確保に力を入れています。
弊社スタッフも訪問していますが、欧米諸国の観光客をはじめ、多数の観光客が訪れており、どこの見学地においても不安を感じることはありませんでした。

また、外務省の「海外安全ホームページ」の危険情報もレベル1です。これはタイのバンコクやカンボジアと同等レベルです。

 

エジプトの天気が良い日は雲一つない快晴が続き、旅行日和です。6千年の歴史を感じる、魅力あふれる見どころ、綺麗なホテル、おいしい食事・・・・
弊社おすすめの訪問地です。今なら10年ぶりにカイロ博物館の写真撮影も解禁されています。是非、この機会にエジプトへご旅行下さい。

 

○治安情報

先述の通り、エジプト政府は治安確保に力を入れています。本旅行で訪問する個所は安心してご旅行いただける場所です。エジプトの治安情報についてはこちらをご覧ください。

エジプト治安情報について

 

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 世界遺産 お薦め見学地

成田空港・関西空港発着 

※本ツアーにはオプショナルツアーやオプショナルツアーの料金は含んでいません。

1

成田空港 または 関西空港 ⇒

空港へ集合。
ドバイ(またはドーハ)へ


朝×・昼×・夕機<機中泊>

2

⇒ ドバイ(またはドーハ) ⇒ カイロ

エジプト着後、カイロの考古学博物館を見学

朝機・昼機・夕○                        <ギザ泊>

3

カイロ ⇒ ルクソール

終日、カイロ市内見学(ギザの三大ピラミッド、スフィンクス、モハメドアリモスク等)
後、ルクソールへ

朝○・昼○・夕○                       <ルクソール泊>

ルクソール

午前、ルクソール東岸の見学(カルナック神殿、ルクソール神殿)
午後、ルクソールの西岸の見学(メムノンの巨像、王家の谷ツタンカーメンの墓、ハトシュプスト女王葬祭殿)

朝○・昼○・夕○<ルクソール泊>

ルクソール → エドフ → コムオンボ → アスワン

専用車にてエドフへ(ホルス神殿見学)
後、コムオンボ見学(コムオンボ神殿)後、アスワンへ

朝○・昼○・夕○                        <アスワン泊>

アスワン(アブシンベル)

午前、アスワンハイダムを見学し、香水店にてショッピング
後、アブシンベル神殿見学へ(大神殿、小神殿)



朝○・昼○・夕○                        <アスワン泊>

アスワン ⇒ カイロ ⇒

アスワンから国内線にてカイロへ
着後、国際線へ乗り継ぎます

 

朝○・昼○・夕機                          <機中泊>

ドバイ(またはドーハ) ⇒ 成田空港 または 関西空港

着後、入国審査ののち、解散

朝機・昼×・夕×

【食事記号】 ○=食事あり ×=食事無し 機=機内食 車=車中食(列車)

 

※上記行程は現地交通事情、交通機関の遅れにより変更を生ずる場合があります。予めご了承下さい。
※上記記載の観光は原則として全て下車観光となります。
※日程詳細は下記お問い合わせフォームよりパンフレットご請求下さい。

旅行概要

日程2017年 09月 28日(木)〜 2017年 10月 05日(木)
日数8日間
旅行代金

旅行代金:298,000円

 

上記旅行代金の他、日本の空港施設使用料(成田2,610円。関空3,040円)、現地空港税(3,280円・レートにより変動)、エジプトビザ代(US25$)、燃油サーチャージ(14,000円・レートにより変動)、ビザ取得手続き代行料(9,720円)が別途必要になります。

発着地
  • 東京(成田・羽田)
  • 大阪(関西)
航空会社エミレーツ航空、カタール航空等
催行人数8名
備考

 

お問い合わせ・お申し込み

インドビザ取得代行
スタッフブログ
エース保険
海外行くなら、イモトのWiFi