特別企画

アハサ食堂 林美幸と行く 第4回 ジャフナを含むスリランカ南北お料理研修の旅

 

 

アハサ(林 美幸)からのメッセージ

アハサ(林美幸)

アハサ(林美幸)

今年もまた、私が行きたい場所、見たかったもの、習いたいことなどを9日間のツアーに盛り込みました。たぶん私が一番このツアーにワクワクしていると思います(笑)。今年はスリランカ最北端まで足を延ばし、ジャフナ料理を習います。普通のツアーではなかなか体験できない一般家庭、ホテルシェフのお料理教室などスリランカ料理に興味がある方に楽しんでもらえる内容だと思います。ご一緒にいかがですか?

アハサ食堂ブログ http://ameblo.jp/ahasa-lanka/

 

【 このツアーのポイント 】

まだ日本ではあまり知られていない北部の街、ジャフナでのお料理教室と観光が楽しめます。

一般家庭やホテルシェフにお料理を習えます。

ワラン(土鍋)工房やキトゥルパニ製造工程を見学。

4

調理器具やスパイスなどお買い物の時間もたっぷり

 初めての海外、お一人様ご参加歓迎!

 お一人様でのご参加、初めての海外旅行の方も多いですが、アットホームな雰囲気で楽しんでいただいています!

旅行の見どころ

 スリランカ料理の魅力

 油を多用しないヘルシーさ、数種類のカレーや副菜などをワンプレートに盛り付けるのでいろいろな味を楽しめるのがおいしさの魅力です。そして調理時間の短さ。材料をすべて鍋に入れて煮込むだけ、さっと炒めてできあがりと、とても簡単です。。

 

 

 

 スリランカ南北お料理研修

 仏教国のイメージがありますが、スリランカは多民族多宗教国家です。紀元前に北インドから渡ってきたとされる主に仏教徒のシンハラ人と、南インドから渡ってきたとされるヒンズー教徒の多いタミル人。宗教、言語、文化も違えばもちろん食事情も違ってきます。今回のツアーではタミル人・ヒンズー教徒が多数派を占める北部のジャフナと、シンハラ人・仏教徒の多い南部エリアのハバラナコロンボ、そしてキリスト教徒の多いネゴンボを訪れ、スリランカの南北の味を学べるツアーになっています。お料理教室は全4回。講師は5つ星ホテルのシェフから村の一般家庭のお母さんまで、各地で3種類以上のお料理を学ぶことができます。

 

 

 

 ジャフナでのお料理研修

 スリランカでは1983年から人口の15%を占めるタミル人組織と多数派のシンハラ人政権の間で26年にも及ぶ内戦が続きました。ジャフナを含むタミル人地域は内戦が終結する2009年までなかなか訪問することができませんでした。今回のツアーでは、2004年よりジャフナにて復興支援事業を行うNGO「パルシック」さんにご協力いただき家庭料理や郷土料理のジャフナクールなど南部地域とはちょっと違ったスリランカのお料理を学びます。現地の方行きつけのお店もご紹介いただけます!  参考:http://www.parcic.org/

 

 

 

 料理教室写真(アハサ食堂様提供イメージ)※今回のツアーで作るものとは異なる場合があります

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 世界遺産 お薦め見学地 

10/7
(土)

成田空港 ⇒ コロンボ空港 → ネゴンボ

直行便のスリランカ航空にて、空路コロンボへ
着後、現地係員がお出迎え
専用車にてネゴンボのホテルへ

朝×・昼機・夕○
<ネゴンボ:カタマランビーチホテル泊>

10/8
(日)

ネゴンボ

朝食後、5つ星ホテルでの市場ツアー付きお料理教室①
昼食後、漁民の街ネゴンボにて半日自由行動又は観光
ご夕食はお好きなレストランにてご自由にどうぞ

朝○・昼○・夕×
<ネゴンボ:カタマランビーチホテル泊>

10/9
(月)

ネゴンボ → ラトマラーナ ⇒* ジャフナ

早朝、ラトマラーナ空港へ 約1.5時間
着後、チェックイン手続き 朝食はお弁当をご用意
国内線にてトリンコマリー経由空路ジャフナへ *
着後、専用車がお出迎え
家庭の味ジャフナクールとカレーのジャフナ料理教室②
北部最大の町ジャフナ市のマーケットや寺院など観光
夕食は、現地の方お薦めのレストランにてお好きなものを

朝○・昼○・夕×
<ジャフナ:ティルコジャフナシティーホテル泊>

10/10
(火)

ジャフナ → シーギリヤ

朝食後、ジャフナ市内にて自由行動または観光へご案内
ジャフナ市内のお好きなレストランにてご自由に昼食
昼食後、シーギリヤへ 約6時間
エレファントパスやキリノッチなど紛争の歴史に触れながら
ホテル到着後、ご夕食

朝○・昼×・夕○
 <シーギリヤ:エレファスシーギリヤ泊>

10/11
(水)

シーギリヤ → ハバラナ → クルネーガラ

早朝、ご希望の方は世界遺産シーギリヤ観光(要入場料)
朝食後、村のお母さんによるスリランカ料理教室③
昼食後、クルネーガラへ 約3時間
途中、ダンブッラの野菜マーケット見学
ホテル到着後、ご夕食

朝○・昼○・夕○
<クルネーガラ:キャンディアンリーチホテル泊>

10/12
(木)

クルネーガラ → ナマンマラ → キトゥルガラ → コロンボ

朝食後、キトゥルガラへ 約3時間
途中、ナマンマラのワラン(土鍋)工房を見学
到着、昼食後、キトゥルパニが作られる過程を見学
その後、コロンボへ 約4時間
人気レストラン「ヌガガマ」にてスリランカ料理の夕食

朝○・昼○・夕○
<コロンボ:マンダリーナコロンボ泊>

10/13
(金)

コロンボ

朝食後、ペターマーケット、スーパーなどでお買い物
「キャーマスートラ」にてお好きなものをどうぞ(現地払い)
昼食後、コロンボ近郊のご家庭へ
コロンボ近郊のご家庭にてスリランカ料理教室④

朝○・昼×・夕○
<コロンボ:マンダリーナコロンボ泊>

10/14
(土)

コロンボ ⇒ 

朝食後、グッドマーケット見学とお買い物
昼食は、こだわりの料理が並ぶグッドマーケットでご自由に
ホテルに戻り荷物整理の後、空港へ
スリランカ航空の直行便にて、空路帰国の途へ

朝○・昼×・夕機
<機中泊>

10/15
(日)

 ⇒ 成田空港

着後、通関

朝機・昼×・夕×

【食事記号】 ○=食事あり ×=食事無し 機=機内食

*天候などにより万が一フライトキャンセルになった場合には、陸路での移動となります。お料理教室のスケジュールなど翌日に変更となりますのでご了承ください。
※上記行程は現地交通事情、交通機関の遅れにより変更を生ずる場合があります。予めご了承下さい。
※上記記載の観光は原則として全て下車観光となります。
※日程詳細は下記お問い合わせフォームよりパンフレットご請求下さい。

旅行概要

日程2017年 10月 07日(土)〜 2017年 10月 15日(日)
日数9日間
旅行代金

旅行代金

289,000(空港税、査証代は別途)

一人部屋
追加料金

38,000円 ※同性との相部屋でOKの場合にはかかりません

 

 

 

 

 

<料金に含まれないもの>

○旅券(パスポート)取得費用
○個人的性質の出費(飲物、電話、洗濯代など)
○超過手荷物料金(お一人30Kgを超える場合)
○海外旅行保険料(任意)
○成田、コロンボ空港税 約9,290円(17年3月現在)
○スリランカ査証代US35、取得代行料4,320円

発着地
  • 東京(成田・羽田)
航空会社スリランカ航空
催行人数8名様以上 現地日本語ガイド同行
備考

旅券必要
残存期間

6ヶ月
(2018年4月7日まで有効なパスポートが必要)

申込み
締め切り

締め切り2017年9月1日(金)

お問い合わせ・お申し込み

インドビザ取得代行
スタッフブログ
エース保険
海外行くなら、イモトのWiFi