特別企画

9月26日出発 BBコース インド、ネパール釈尊八大聖地とゆかりの地を訪ねる究極の旅 19日間

ブダガヤ大塔

ブダガヤ大塔

9月26日出発 BBコース インド、ネパール釈尊八大聖地とゆかりの地を訪ねる究極の旅 19日間

19日間をかけて釈尊ゆかりの地をゆったりと参拝し、野生司香雪画伯の壁画も鑑賞し、大菩提会と交流をする日程です。短い日数では行くことができない場所にもくまなく訪問します。釈尊ゆかりの八大聖地の他、インドを代表する建物であるタージ・マハールや、デリー市内の見学も行います。
インドの魅力を存分に堪能できるご旅行です。

 

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 仏教聖地 世界遺産 お薦め見学地

 

19

関西空港

1

関西空港 ⇒ デリー

関西空港へ集合。
エア・インディア(インド航空)にてインドの首都・デリーへ(香港経由)
着後、入国審査の後、ホテルへ

朝×・昼機・夕機<デリー泊>

2

デリー ⇒ ラクナウ → スラヴァスティー

朝、空路、ラクナウへ
着後、専用バスにてコーサラ国の跡地スラヴァスティーへ
着後、スラヴァスティー参拝(祇園精舎跡、舎衛城跡、アングリマーラの塚)
後、ホテルへ

朝○・昼○・夕○
                        <スラヴァスティー泊>

3

スラヴァスティー → ピプラワ → ルンビニ

朝食後、ネパール領にあるご生誕の地ルンビニへ
途中、インド側にある釈迦族の城跡・ピプラワ参観
ルンビニ着後、ルンビニ園参拝(マヤ堂、産湯の池、アショカ王柱)
参拝後、ホテルへ

朝○・昼○・夕○                     <ルンビニ泊>

ルンビニ → クシナガラ

郊外にあるネパール領にある釈迦族の城跡・テラウラコット参観
後、釈迦族滅亡の地サグラハワ、クダンの舎利塔、摩耶夫人のお城跡、ラーマ・グラーマ参拝
後、陸路で国境を越え、インド領、涅槃の地クシナガラへ

朝○・昼○・夕○<クシナガラ泊>

クシナガラ → ケサリヤ → バイシャリ

午前、クシナガラ参拝(涅槃堂、荼毘塚、最後の説法地、アヌルッダ村)
お釈迦様のお涅槃の道をケサリヤへ。世界最大のケサリア仏舎利塔参拝
その後、お釈迦様を外護したリッチャビ族の都・バイシャリへ

バイシャリ → パトナ

午前、バイシャリ参拝(アショカ王柱、僧院跡、仏舎利塔跡、見返りの塚)
後、ガンジス川を渡り、アショカ王の宮殿跡・クムラハールの遺跡見学
後、ホテルへ

朝○・昼○・夕○                       <パトナ泊>

パトナ → ナーランダ大学 → ラージギル

朝、釈尊がガンジス川を渡られた・ブッダガートを見学
その後、パトナ博物館を見学
後、ナーランダ仏教大学を参観し、王舎城のあったラージギルへ

朝○・昼○・夕○                     <ラージギル泊>

 

ラージギル → ブダガヤ

午前、ラージギル参拝(霊鷲山、ビンビサーラ王の牢獄跡、竹林精舎、アジャセ王の舎利塔跡、七葉窟、金庫跡ソーナバンダル)
後、成道の地ブダガヤへ

朝○・昼○・夕○                     <ブダガヤ泊>

9

ブダガヤ

朝食後、ブダガヤ参拝(ブダガヤ大精堂、金剛宝座、菩提樹、スジャータ村、苦行林、ムチャリンダ龍王池等)
後、留影窟と象頭山参拝

朝○・昼○・夕○                     <ブダガヤ泊>

10

ブダガヤ → ベナレス

朝食後、ベナレスへ
午後、初転法輪の地サールナート参拝(野生司香雪画伯の壁画をムラガンダク・ティ寺院にて鑑賞、大菩提会と交流会、ダメーク塔、州立博物館、迎仏の塔、シルク工場でショッピング)

朝○・昼○・夕○                     <ベナレス泊>

11

ベナレス → コーサンビー → アラハバード

 早朝、ガンジス川の沐浴風景見学
後、釈尊の庇護したウディア国・コーサンビーへ
着後、コーサンビー参拝(アショカ王柱、ゴーシタ精舎、僧院跡、ヤムナ川、民家訪問)後、アラハバードへ

朝○・昼○・夕○                   <アラハバード泊>

12

アラハバード → サンカシャ

 朝、ヒンズー教の聖地サンガム見学
後、三道宝階降下の地サンカシャへ
着後、サンカシャ参拝(舎利塔、アショカ王柱など)
着後、ホテル

朝○・昼○・夕○                    <サンカシャ泊>

13

サンカシャ → アグラ

 バスにてアグラへ
昼食後、アグラ市内見学(タージマハール、アグラ城)
大理石の彫刻工房へ

朝○・昼○・夕○                      <アグラ泊>

14

アグラ → ボパール → ビムベトカ → ボパール

 AAコースと別れアグラ駅へ。特急列車にてボパールへ。
着後、世界遺産に登録された1万年前から2千年前に画かれたビムベトカ岩窟画を見学

朝○・昼○・夕○                     <ボパール泊>

15

ボパール

 終日、郊外のサンチーへ(片道1時間半)紀元前3世紀から紀元後1世紀にかけて建立された釈尊の姿を象微で現したサンチー仏塔と欄純に刻まれた仏教彫刻を参観。帰路アショーカ王柱時代の石組みを見ることができるサッダーラ仏塔を参観。ホテルへ

16

ボパール → ブサワール → ジャルガオン → アジャンタ石窟 → アジャンタ展望台 → オーランガバード

ホテルにて朝食後、ハビブガンジ駅へ。寝台特急一等車にてジャルガオンへ。昼食後バスにてアジャンタへ。
着後、アジャンタ石窟寺院郡(第 1窟、2窟、9窟、10窟、17窟、19窟、24窟、26窟)参観。展望台へ。その後オーランガバードへ。

朝○・昼○・夕○                 <オーランガバード泊>

17

オーランガバード → エローラ石窟 → オーランガバード石窟 → オーランガバード → デリー

バスにて郊外のエローラ石窟寺院群へ。途中、ダウラタバードの廃城を遠望。到着後、インド三宗教のエローラ石窟寺院群(仏教の10、12窟、ヒンズー教の16窟、電気バスにてジャイナ教の32窟)参観
その後、市内を戻りオーランガバード石窟寺院群見学(第7窟の八難救済の観音菩薩像)空路、デリーへ

朝○・昼○・夕○                     <デリー泊>

18

デリー → 

終日、デリー市内見学(仏舎利を展示するインド博物館、ガンジー記念館、インド門、クトブミナール)

朝機・昼○・夕○

19

関西空港

香港を経由し関空へ(約9時間15分)
着後、入国審査、通関の後、解散
朝機・昼×・夕×

【食事記号】 ○=食事あり ×=食事無し 機=機内食 車=車中食(列車)

※上記行程は現地交通事情、交通機関の遅れにより変更を生ずる場合があります。予めご了承下さい。
※上記記載の観光は原則として全て下車観光となります。
※日程詳細は下記お問い合わせフォームよりパンフレットご請求下さい。

旅行概要

日程2017年9月26日(火)〜 2017年10月14日(土)
日数19日間
旅行代金

485,000円

※上記旅行代金の他、別途、インド査証取得代行手数料(9,720円)、インド査証料(2,620円)、関西空港施設利用料(3,040円)、現地空港税(11,870円)、燃油サーチャージ(0円。2017年3月現在。※原油価格の変動により、変更になる場合がございます。実費をお申し受けします)。

発着地
  • 大阪(関西)
航空会社エアインディア
催行人数6名様・添乗員同行
備考

 

お問い合わせ・お申し込み

インドビザ取得代行
スタッフブログ
エース保険
海外行くなら、イモトのWiFi