トラベルサライのスタッフブログ

ウズベキスタンのヒヴァ(そしてバザールのおばさんの店)

こんにちは。大阪の諏訪です。

先日、ウズベキスタンのヒヴァを訪ねました。
城壁に囲まれた旧市街は世界遺産にも登録されていて、18~19世紀の
モスクなど建築物が多く残され、街中はいかにもイスラム教の国で異国情緒
たっぷりで、路地を歩くだけでもとての楽しい町でした。
自由行動の時にお客さんと散策をしました。通りに連ねるお店には、綺麗な
文様の焼き物があり、見ているだけで時間が過ぎて行きます。
中央にはバザールが。お土産物屋もありますが、生活感たっぷりの野菜や
お肉などの食品のバザールなどもあります。ウズベキスタンの生活がよく
わかり、とてもおもしろい町です。

ヒヴァの外壁

世界遺産ヒヴァの外壁

世界遺産ヒヴァの城内

世界遺産ヒヴァの城内


バザールの外れに同じようなお店が連なっています。どの店も外では、おばさんが
何かを焼いています。とてもおいしそうな香りが・・・・・・・

何かを焼いています

何かを焼いています

なんだろう。
よく見ると串に刺したお肉を焼いています。
そう、シルクロードで有名な、そしてイスラム圏で有名なシシカバブと、それにソーセージ
いろんなお肉を焼いています。
「これは何?あれは何?」と質問して、いろいろ教えてもらいました。
そして初めてみる料理が、日本のサービスエリアなどで見る、ぐるぐる巻いたソーセージ?
いえ、牛肉のミンチを牛肉の薄切りの肉でまいて、それをソーセージのようにぐるぐる巻いて。
なんという荒技!!!
感動したので、注文して店の中へ。テーブル席6席の小さな店です。横も、そのまた横も、
そしてそのまたまた横も同じような店が、同じようなものを売っていました。
お肉ではビールなので(絶対!)ビールを頼みましたが、ビールを置いていないとの答え。
えーーーとお客さんと言っていたら、おばさんが「隣の隣の隣が酒屋さんなので買ってきて
持ち込んで良いよ」と仏様の、もといイスラム国なので神様のようなお言葉をいただき、
早速、買ってきて肉料理と一緒にいただきました。

うまい!!!

うまい!!!

コップが無いので、湯飲みにいれて、「おー、湯飲みもウズベキスタンの陶器じゃないか」と
感動しながら、お肉を一口パクッと。うまい!とてもうまい!ジューシーでうまい!
で、ビールが進む進む。すぐに追加を買いに行きました。
イスラム圏は肉料理がおいしいですね。炭火焼きだし。とお客さんと感動して、ホテルに戻りました。
とても、とてもお勧めです。

あっ、きちんと仕事もしています。
たぶん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です