トラベルサライのスタッフブログ

今回のミャンマーのビール(マンダレービール)

こんにちは。大阪の諏訪です。

先日、ミャンマーに行ってきました。
今回は、あのゴールデンロックにも行きました。
天気が良くて、とてもよく見えました。
天気が悪いと、霧が出て、目の前のゴールデンロックが
見えないこともあります。
ミャンマーの人々は、ここに2,3日滞在をして、お参りをします。
宿に泊まる人もいれば、野宿をする人も。
すごい聖地です。

ミャンマー、ゴールデンロック

ミャンマー、ゴールデンロック

で、今回、どこに行ってもミャンマービールでした。
たしか、ミャンマービールはキリンが買い取ったはずなので、
キリンの力かと思いながらも、食事の度に、何のビールを置いているか
聞いていました。もちろん、お客様のためです!!!!
で、世界三大仏教遺跡の1つバガン(あとの2つは、カンボジアの
アンコール・ワットとインドネシアのボロブドゥール)にありました。
マンダレーでないのに「マンダレービール」
そして、今回は「ブルー」と「レッド」の両方が置いてあったので
両方注文しました。

マンダレービール

マンダレービール

マンダレービールは1886年から続く由緒あるビールです。
「ブルー」は日本と同じラガービール。「レッド」はストロングビールです。
ビールそのものの見た目は同じです。
ブルーのアルコール度数は、暑い国特有の4.5%と日本より低いです。
だから飲みやすく、何杯でも飲めます(僕は)。
「レッド」はストロングですが、他の国のストロングビールのように7%や8%の
高い度数ではなく、なんと5.5%(だったと思います)
こちらの方が、度数も、味も日本のビールに近かったです。
もちろんどちらも、おいしいですよ!!

 

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です