仏跡巡礼の旅

チベット仏教文化圏 モデルコース

【L】太陽の都チベット・ラサと青蔵鉄道 8日間

チベット ポタラ宮

このコースは聖地ラサを中心に人気の青蔵鉄道を利用した日程です。 チベット自治区都ラサは、チベット語で「神の土地」を意味する、チベットの政治、経済、宗教の中心地です。歴代ダライ・ラマ法王の居城・ポタラ宮や巡礼者が絶えることのないジョカン(大昭寺)など、チベット仏教の神秘的な雰囲気を持つ見所が多くありま …> 続きを読む

【M】ヒマラヤの桃源郷・ブータン 8日間

タクツァン僧院

心の豊かさ、国民総幸福量(GNH)を追求するブータン。近代に至るまで鎖国に近い政策をとっていたこの国は、あらゆる面において独自の文化と伝統を今も守っています。断崖絶壁の聖地タクツァン寺院のあるパロ、首都のティンプー、プナカを中心に一般民家訪問など、仏教の教えに基づいた現地の人々の生活に触れていただく …> 続きを読む

【N】小チベット・秘境ラダック 8日間

弥勒菩薩(ティクセゴンパ)

秘境ラダックは、小チベットとも呼ばれ、チベットよりもチベット仏教が息づいています。中心都市レー周辺の僧院や、仏教美術の宝庫アルチを主に巡ります。レーは標高3,505mの高地のため、無理ないようご案内させて頂きます。 とりわけアルチ・チョスコル・ゴンパは仏教美術の宝庫とされ、西チベット・グゲ王国(紀元 …> 続きを読む

〔20〕天空の地チベットからカトマンズへ チョモランマ(エベレスト)眺望の旅

ロンボク寺

チベット自治区の都で最大の都市ラサや第2の都市シガツェを訪問し、チベットの魅力を感じることができる旅行です。ラサはチベット語で神の国を意味します。7世紀にソンシェン・ガンポ王がこの地に都を築いて以来、チベットの中心都市として栄えてきました。歴代ダライ・ラマ法王の居城・ポタラ宮やラマ教の聖地ジョカン寺 …> 続きを読む

〔21〕インド最北の小チベット・ラダックとヒマラヤと花と湖の町・スリナガールの旅

ソ・ジラ峠から

インドの小チベット・ラダック(レー)と花と湖の避暑地・スリナガールを10日間で訪問します。ラダック(レー)はインドのカシミール地方の最奥地、中国のチベットと接するインドの最北端にある秘境です。インド領内にありながら、チベット民族圏に属し、チベット文化が色濃く残っています。隔絶された岩山に囲まれた月世 …> 続きを読む