仏跡巡礼の旅

(北伝)大乗仏教圏 モデルコース

【J】 シルクロード探訪 8日間

鳩摩羅什像(キジル千仏洞)

鳩摩羅什像(キジル千仏堂洞)

シルクロードは、隊商の通商路だけではなく、中国から天竺(インド)へと求法僧が往来した道でもあります。その中でも有名な2人の経典翻訳者、玄奘三蔵と鳩摩羅什ゆかりの地にスポットを当てたコースです。

鳩摩羅什は中国の南北朝時代初期に仏教経典の訳僧で、インド貴族の血を引く父と、亀茲(キジ)国の王族の母との間に生れました。現在の日本の仏教は、鳩摩羅什によって方向付けられたといえます。
クチャには千仏洞が多く残され、ラピスラズリを顔料としたインド風の特徴をもった壁画が描かれています。一方トルファンは、古代よりシルクロードの拠点として知られ、玄奘三蔵も滞在された高昌国の故城遺跡や仏教美術の宝庫です。葡萄や瓜を名産とし、灼熱の火焔山は西遊記で有名です。

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 仏教聖地 世界遺産 お薦め見学地

1

各地空港 ⇒ 上海 ⇒ 西安

空路、西安へ(経由便又は直行便) 着後、ホテルへ
<西安泊>

2

西安 ⇒ 敦煌

空路、敦煌へ 砂漠の大画廊・莫高窟見学
釈尊、阿難、迦葉、菩薩、天王の塑像がある『45窟』、観世音菩薩の壁画がある『57窟』、涅槃像の塑像がある『158窟』、交脚弥勒菩薩の壁画がある『275窟』
夕刻、「鳴沙山」と「月牙泉」へ ラクダに乗り砂漠を散策
<敦煌泊>

3

敦煌 → 楡林窟 → 敦煌 ⇒ ウルムチ

安西県にある楡林窟見学へ
唐代の飛天の壁画のある『15窟』、八大菩薩曼陀羅経変が描かれている『25窟』、水月観音が描かれた『2窟』、白度母の壁画がある『4窟』など見学。国内線にて空路ウルムチへ
<ウルムチ泊>

4

ウルムチ → トルファン

海抜マイナス100m緑のオアシス トルファン盆地へ
着後、高昌国の要衝であった交河故城、カレーズ(地下水路)見学。夜は葡萄棚の下でウイグル族の民族舞踊鑑賞
<トルファン泊>

5

トルファン →

トルファン東の遺跡群見学。大谷探検隊で有名なベゼクリク千仏洞,西遊記で有名な火焔山、アスターナ古墳,玄奘三蔵ゆかりの高昌故城など見学 夕刻、列車にてクチャへ
<車中泊>

 → クチャ

着後、終日クチャ見学 クズルガハ千仏洞と烽火台、塩水渓谷、華麗な壁画が多く残るキジル千仏洞スバシ故城見学
<クチャ泊>

クチャ ⇒ ウルムチ ⇒ 上海

空路、ウルムチにて乗り継ぎ、上海へ  
<上海泊>

上海 ⇒ 各地空港

空路、帰国の途へ、通関後、解散

旅行概要

出発曜日毎日
日数8日間
旅行代金

10名様以上

298,000円~362,000円

(燃油サーチャージ、空港税、渡航手続き代行料別途)

発着地
  • 東京(成田・羽田)
  • 大阪(関西)
  • 中部
  • 福岡
航空会社中国東方航空

当コースの主な見どころ Photo Garelly

お問い合わせ・お申し込み