仏跡巡礼の旅

上座部(南伝)仏教圏・ 世界三大仏教遺跡 モデルコース

【Q】ミャンマー バガン遺跡と戦跡 8日間

ゴールデンロック

ゴールデンロック(チャイティーヨー・パゴダ)

敬虔な上座部仏教国ミャンマーの見所を余すところなく巡るコースです。

世界三大仏教遺跡の一つとされるバガン遺跡は、広大な大地に点在するパゴダの光景は往時(11~13世紀)の仏教の豊かさを物語ってくれます。現在は200あまりが現存しています。

古都マンダレーでは、王宮跡やマハーガンダヨン寺院での1000人を超す修行僧への托鉢風景見学は本来の僧院の姿を教えてくれます。

ミャンマー屈指の巡礼地となっているゴールデンロックは、チャイティーヨーの山頂すぐ下にある大きな岩の上にあり、落ちそうで落ちない岩です。この中に奉納されている仏髪がバランスを取っていると言われています。

ミャンマーでは毎月、満月の日に合わせ、得度式や出家式が催されており、その日に合わせて訪問することも出来ます。詳しい日程につきましては、お問い合わせ下さい。

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 仏教聖地 世界遺産 お薦め見学地

1

各地空港 ⇒ バンコク ⇒ ヤンゴン

空路、直行便又はバンコクを経由し、ミャンマーのヤンゴンへ
<ヤンゴン泊>

2

ヤンゴン ⇒ バガン

着後、郊外のナッツ信仰の聖地ポッパ山を参拝
後、サレー見学(ソーヨー僧院、シンビンマハラバマンなど)
<バガン泊>

3

バガン

世界三大仏教遺跡のバガンとニャンウーを参観
(タピニュ寺院、アーナンダ寺院、スラマニ寺院、シュエジーゴンパゴダ、ティローミーンロー寺院、日本人慰霊碑など)
シュエサンドーパゴダより夕日を鑑賞
<バガン泊>

4

バガン ⇒ マンダレー

空路、マンダレーへ 着後、郊外のアマラプラにてウー・ペイン橋とミャンマー最大のマハーガンダヨン寺院にて托鉢を見学
マンダレーに戻りマンダレー見学(マハムニパゴダ、クドォードパゴダ、シュエナンドーパゴダ、日本人墓地)
<マンダレー泊>

5

マンダレー ⇒ ヤンゴン → チャイティーヨー

空路、マンダレーへ 着後、チャイティーヨーへ 途中、バゴーのシュエターリュ寝釈迦仏、チャイプーンの四面仏座像見学
<チャイティーヨー泊>

チャイティーヨー → ヤンゴン

ゴールデンロック見学 後、ヤンゴンへ戻ります。
<ヤンゴン泊>

ヤンゴン ⇒ バンコク ⇒

ヤンゴン市内見学(仏髪が奉納されているシュエダゴンパゴダ、チャウッタージーパゴダの寝釈迦仏、日本人墓地)空路、バンコクへ
<機中泊>

⇒ 各地空港

空路、帰国の途へ 通関後、解散

旅行概要

出発曜日毎日
日数8日間
旅行代金

10名様以上

298,000円~328,000円

(燃油サーチャージ、空港税、査証代、渡航手続き代行料別途)

発着地
  • 東京(成田・羽田)
  • 大阪(関西)
  • 中部
  • 福岡
航空会社全日空、タイ航空

当コースの主な見どころ Photo Garelly

お問い合わせ・お申し込み