仏跡巡礼の旅

インド お釈迦様ゆかりの地

初転法輪の地サールナート

初転法輪像

初転法輪像

サールナートはヒンズー教徒の聖地ベナレスの北約10kmにある、お釈迦様初転法輪の聖地です。
お釈迦様が説法をされることを法の輪を転じられることから「転法輪」といい、初めて説法をされた聖地であるので「初転法輪」の聖地といわれています。

この地はベナレス近郊にあった鹿の住む静かな林で、元来、ヒンズー教でいう四住期の「遊行期」を迎えた人々が住んでいたところであり、ブダガヤでお釈迦様といっしょに苦行生活を送っていた5人の仲間は、乳粥の供養を受けたお釈迦様の元を去って、この地で修行をしていました。
真理を得られたお釈迦様は、最初に誰に真実を語ればよいか逡巡された後に、この地で修行している5人が適当であろうとこの地を訪ね、最初に説法をされました。

お釈迦様の説法を聞いた5人はそれぞれに法灯を灯してお釈迦様の弟子になられました。
ここはまさに「仏」と「法」、「僧」の三宝が整った聖地であり、仏教教団が誕生した聖地です。

ちなみに、鹿の林であったことからサールナートは「鹿野苑」ともいわれます。

ダメーク大塔と僧院跡

ダーメーク塔〔サールナート〕

ダーメーク塔〔サールナート〕

サールナートは遺跡公園として整備されていて、その中心となるのはが広さ約一万六千坪の広さを持つサールナート僧院跡です。
僧院跡には9世紀頃に建立されたとするサールナート寺院の跡や紀元前3世紀に建立され、その後2回に亘って拡張された跡を見ることができる仏塔跡、そして、多くの奉献仏塔が並ぶ参道などが発掘されており、当時の様子を窺い知ることができます。

特に、遺跡の南東角に位置する高さ34mのダメーク大塔は印象的です。
ダメーク大塔は5世紀に栄えたグプタ王朝時代の大仏塔だとされ、この地でお釈迦様が五人の修行仲間に初めて説法をされた場所だとされています。
現在は上部の伏鉢部分が崩れていますが、鼓胴部には卍や唐草文様が残っています。

法勅文が残るアショーカ王柱[サールナート]

法勅文が残るアショーカ王柱[サールナート]

また、寺院遺跡の北側には石版で造られたトンネルが有り、現地ガイドの話によれば、10世紀にこの地に栄えた王朝はヒンズー教を信奉していたが、王の后が仏教徒であったために、人知れず寺院に参拝できる様にと造られたトンネルだとのことです。
ちなみに、ダメーク大塔の東にはスリランカ寺院があり、寺院跡を発掘した際に出土した粘土板に刻まれていた寺院の姿を再現したものだとされています。

サールナート州立博物館

インドの国章「四頭獅子像」

インドの国章「四頭獅子像」

サールナート遺跡の入り口の南側にあるのが州立博物館です。
規模はさして大きくありませんが、この地より出土した貴重な彫刻群が保存されており、必見の博物館です。
中でも注目に値するのは、入り口正面に展示されている「四頭獅子像」です。
紀元前3世紀にインドを統一したマウリア王朝アショーカ王は、インドを統一する際、鬼のアショーカといわれる程に強権政治を行っていましたが、統一を成しえた後、仏教を保護すると共に、宗教を拠り所とした善政をひきました。
武力によらず和をもって統治をした偉大な最初の王であることから、この四頭獅子像はインド国の国章となっています。

八大聖地を表した八相図彫刻

八大聖地を表した八相図彫刻

また、入り口左手のブロックに仏教にゆかりのある彫像を展示しており、1世紀の仏立像をはじめ、インドでも精緻で美しいと賞賛される釈尊初転法輪像が展示されています。
仏教美術が全盛を極めたといわれるグプタ王朝の最高傑作のひとつで、柔和なお顔立ちに加え、柔らかい曲線美など、当時の彫刻家の技術の高さを思わずにはいられません。
鼻と指の一部が欠けているだけで、いつまでもその場を離れたくない美しさです。
その他、一枚の石版に、ちょうど紙芝居のようにお釈迦様の八大聖地を彫刻した「八相図」やお釈迦様の仏頭の数々など、ゆっくりと鑑賞したい博物館です。
ちなみに、正面右側ののブロックはジャイナ教やヒンズー教のコーナーで、一番奥に展示されているシヴァ神の像は、未完成ながら力強く威厳に満ちた姿をされています。

州立博物館は午前10時00分から午後4時半まで。 金曜日が休館日です。
尚、館内の写真撮影は禁止されており、大きな鞄、携帯電話の持ち込みは禁止されています。

迎仏の塔(チョーカンディー・ストゥーパ)

迎仏塔〔サールナート〕

迎仏塔〔サールナート〕

サールナート僧院跡に向かう道中、僧院跡の手前約800mにあるのが迎仏の塔です。
お釈迦様が苦行を捨てられスジャータが供養した乳粥を召し上がられた時、一緒に修行をしていた5人の仲間は、「彼は苦行に絶えきれなくなり堕落した。 彼を捨てて私達だけで修行を続けよう。」と、お釈迦様の元を離れてこの地で修行をしていました。
悟りを開かれたお釈迦様は最初の説法を修行仲間であった5人にしようとこの地を訪ねられた際、最初に出会った場所に仏塔が建立されました。
現在は仏塔の形は崩れており、頂きには16世紀に建てられたイスラムの八角形の塔が印象深くなっています。
ちなみに、仏舎利があるのではと発掘調査されましたが、残念ながら仏舎利は出土しておりません。

ムーラガンダックティー寺(スリランカ寺院)

 

寺院内部には野生司香雪氏の壁画

寺院内部には野生司香雪氏の壁画

ダメーク大塔の東、サールナート僧院跡から望むことができる尖塔形の建物がスリランカの大菩提会が建立したムーラガンダックティー寺です。
僧院跡でもご案内しましたように、寺院跡から出土した粘土板の線刻を元に建立された寺院です。
第一次世界大戦の前、仏教遺跡の荒廃を嘆いたスリランカのダルマパーラ氏は、仏教遺跡の保護と復興のために立ち上がりました。
この地が初転法輪の聖地であることから仏教寺院を建立し、日本政府も救いの手を差し伸べ、今日のように整備、保存される先駆けとなりました。

入り口には日本からの梵鐘

入り口には日本からの梵鐘

ムーラガンダックティー寺完成に際して、日本仏教会を通じて依頼を受けた日本画「野生司香雪画伯」は、単身この寺院を訪れ、約5年に亘って滞在しお釈迦様の生涯を描いた壁画を完成させました。
壁画の片隅には由緒が日本語、英語、ヒンズー語で書かれ、1936年の印が残されています。
また、寺院入り口には「於サルナス之寺 日本仏教聡合会 昭和7年」と刻まれた釣り鐘が下がっています。

日月山法輪寺(日蓮宗寺院)

法輪寺

法輪寺

日月山法輪寺は、サールナート僧院跡の南東に建立されたアジアで最初に承認された日蓮宗のお寺です。
1967年にインドを訪問した佐々木鳳定上人は、日蓮聖人の再びインドに仏教が西漸して広まるというお言葉に感動し、建立を発願されました。
鳳定上人は志半ばで遷化され、その後は妙定主任が布教の拠点としてまもられています。