美術の旅

西インド アートざんまいの旅<建築とテキスタイル編>

~祝・世界文化遺産新登録アーメダバードと
世界を魅了したインド・テキスタイルを巡る旅~

美術アカデミー&スクール企画 http://www.art-a-school.info/

 

 

【 このツアーのポイント 】

近代建築の巨匠ル・コルビジェの建築を見学いたします。

2017年7月 世界文化遺産登録された歴史都市アーメダバードに訪問いたします。

世界中にファンがいるインド更紗のルーツ、今でも変わらない手法で制作している産地と工房に訪問いたします。

テキスタイルファン必見のキャリコ染織博物館、アノーキー染織博物館に訪問いたします。

ジャイプールではマハラジャ別荘を改築した宮殿ホテルに宿泊いたします。

飛行機と専用車での移動で快適に過ごしていただけます。

アーメダバードとジャイプールの主な訪問地紹介

 ■ 歴史都市 アーメダバード(世界文化遺産)

アーメダバードの階段井戸

 綿織物産業の中心地として発展した都市で、インド独立の父マハトマ・ガンディーゆかりの地でもあります。英国植民地時代、英国に運ばれほぼ壊滅状態に陥ったインドの綿花は、ガンディーの独立運動により1947年の独立後、見事復興を果たしました。インド国旗の中心にあるチャルカーは、綿花を糸にするために使う糸車です。
 イスラムやヒンズーの宗教建築のほかに、階段井戸(写真)など実は見どころが多く、インドのルーツを知れる旬な都市です。

■ カラムカリとキャリコ染織博物館

マタ・ニ・パチェディ(イメージ)

 ムガル帝国時代から続いているインド更紗。手描きで作られたものは「カラムカリ」と呼ばれ木版ブロックプリントが主流の今でもワサナ地区ではその技術が受け継がれています。
 ミュージアムピースとも言える、インド神話の女神が描かれる「マタ・ニ・パチェディ」と呼ばれる布を作っている工房に訪問いたします。また、インド全土の良質な染織が一同に見学できるキャリコ染織博物館も訪問いたします。


■ 近代建築の巨匠「ル・コルビジェ」の建築物

サンスケル・ケンドラ美術館

 アーメダバードに残るル・コルビジェの4つの建築物のうち「繊維業会館」と「サンスケル・ケンドラ美術館(写真)」を見学いたします。ル・コルビジェの建築物はアジアにはインドと日本にしかなく、建築ファンにとってはまたとない見学の機会となっています。

■ ジャイプール

風の宮殿

 ムガル帝国に屈することなく勇猛なラージプート族の土地、ラージャスタン州。その州都であるジャイプール。18世紀に造られた城壁に囲まれた旧市街の建物が赤砂岩で造られているためピンク・シティとも呼ばれています。今もマハーラージャが住むシティ・パレス、風の宮殿(写真)や、郊外にあるアンベール城がみどころです。良質なテキスタイルを扱うお店も多く、ショッピングも楽しみの一つです。

■ アンベール城

アンベール城内部

 18世紀にジャイプールに遷都されるまで、ラージプート族のアンベール王国の都でした。巨大で強固な城塞の内部は、繊細な美術装飾が施され、マハラジャの豪華な生活を窺い知ることができます。

■サンガネールとバグルー村~木版ブロックプリント工房~

ブロックプリント(イメージ)

 大航海時代、インド更紗は世界に渡り様々な国の人々を魅了しました。17世紀より木版更紗の職人が集まるサンガネールと、草木染めの木版更紗を製作するバグルー村、さらにジャイプールのアノーキ木版更紗博物館を訪問し、肌に優しいコットンの木版ブロックプリントの技術を余すところなく見学いたします。

 

 

 

旅行日程

【記号】 ⇒空路の移動 →地上の移動(専用車、鉄道) 世界遺産 お薦め見学地 

2/7
(水)

成田空港 ⇒ デリー ⇒ アーメダバード

成田空港第2ターミナル集合
空路、エアインディアにて首都デリーへ
着後、乗継
空路、アーメダバードへ
専用車にてホテルへ
朝×・昼機・夕機
<アーメダバード:リバービューホテル泊>

2/8
(木)

 アーメダバード

朝食後、染織のキャリコ染織博物館見学
ル・コルビジェ建築見学(繊維業博物館)、サンスケル・ケンドラ美術館(外観)、アーメダバード市内見学(階段井戸)
朝○・昼○・夕○
<アーメダバード:リバービューホテル泊>

2/9
(金)

アーメダバード ⇒ ジャイプール

インドテキスタイルの伝統 ワサナ地区ラワルナガルにてカラムカリ工房見学 後、空港へ
空路、ラージャスタン州ジャイプール(ピンクシティ)
滞在はパレスホテル
朝○・昼○・夕○
<ジャイプール:ナライン・ニワス・パレスホテル泊>

2/10
(土)

ジャイプール → サンガネール → ジャイプール

朝食後、世界遺産アンベール城見学(象のタクシーに乗って)とハンドプリントのアノーキー染織博物館見学
昼食後、郊外サンガネール村とバグルー村へ
ブロックプリント工房数軒訪問
朝○・昼○・夕○
<ジャイプール:ナライン・ニワス・パレスホテル泊>

2/11
(日)

ジャイプール ⇒ デリー ⇒

朝食後、風の宮殿外観見学と買い物(IDLI, injiri,)
空路、デリーへ
空港内にてお買い物(FabIndia 他)
空路、帰国の途へ
朝○・昼×・夕機
<機中泊>

2/12
(月)

⇒ 成田空港

着後、通関、解散
朝機・昼×・夕×

【食事記号】 ○=食事あり ×=食事無し 機=機内食 車=車中食(列車)

※上記行程は現地交通事情、交通機関の遅れにより変更を生ずる場合があります。予めご了承下さい。
※上記記載の観光は原則として全て下車観光となります。
※日程詳細は下記お問い合わせフォームよりパンフレットご請求下さい。

旅行概要

日程2018年 02月 07日(水)〜 2018年 02月 12日(月)
日数6日間
旅行代金

旅行代金(燃油、空港税、渡航手続き代行料別途)
Art Transit会員:272,000円
一般     :285,000円
一人部屋追加料金:63,000円

発着地
  • 東京(成田・羽田)
航空会社エアインディア
催行人数10名様以上 添乗員同行
備考

旅券必要残存期間:入国時6ヶ月
        (2018年8月7日以降も有効なパスポートが必要)
申込み締切:2017年12月20日(水)

お問い合わせ・お申し込み