トラベルサライのスタッフブログ

スリランカ研修5日目<ヘリタンス・マハゲダラ 問診・施術>

午後から問診・施術です。
115 日本語スタッフ Ms. Githmi日本語スタッフのGithmi(ギトミ)さんが問診についてくれます。1回目の問診、他滞在中のドクターの健康チェックにも同席してくれます。勤務時間は08:30~22:00。勤務時間が長くて大変だなあ。だいたいホテル内にいらっしゃいますが、1か月に2、3日は不在にされます。5年間日本語を勉強されていて、堪能です。勉強熱心なのが伝わってきます。私も見習わねば。

アーユルヴェーダセンターは、08:00~17:00。ドクター6名(内2名がチーフ)。男性のドクターは3名。セラピストは、女性26名、男性13名。
私たちの担当ドクターは、Kalpana先生。やはりやさしい。
99 Dr. Kalpana(修正データ)問診の内容・・・睡眠、消化、おなかが張ることがあるか、舌の状態、食欲、大便、爪の色と形、アレルギー、聴診器、年齢、血圧、身長、体重、触診、生理について、スポーツ歴、目の状態、食べ物の嗜好、体が冷えるか、仕事の速さ:普段はプランを立てて進めているかどうか、すぐ怒るか、小さい音でも起きてしまうか、暑いところと涼しいところどちらが好きか、薬を飲んでいるか、最近血液検査をしたか など
体質、処方される薬の説明を含めて、問診は約30分でした。私はピッタの体質。
NGはトマト(←日本で結構食べている)、パイナップル、ツナ(←これもかなりお世話に)、エビ、コーヒー(←大好き)。お茶はOK。3食きちんと食べることと、休日は趣味を持って気分転換することを言われました。また言われてしまいました。ここでも多くを語っていないのに。すごい。食事アドバイス表ももらえます。日本へ持って帰る薬もリクエストすれば購入ができます。3日以上の滞在の場合、最終日もカウンセリングがあります。

101 128 アーユルヴェーダセンター 132 アーユルヴェーダセンター 133 アーユルヴェーダセンター 134 アーユルヴェーダセンター 137 アーユルヴェーダセンター 138 アーユルヴェーダセンター 140 アーユルヴェーダセンター
シッダレパと異なり、ここではパンツをはいたまま施術でした。頭・肩・顔はセラピスト1人、全身は2人のセラピストで施術。ものすごくリラックスしました。施術後、お茶を飲みながらハーバルバス。優雅です。
お2人のドクターにも会うことができました。
146 Dr. Bimali(修正データ)

Bimali先生







148 Dr. Achala Herath(修正データ)

Achala Herath先生

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>